本文へスキップ

吉田労務管理事務所は、社会保険労務士業務、行政書士業務、労働保険事務組合を専門とする総合事務所グループです。

TEL. 0790-45-1334

〒675-2404 兵庫県加西市油谷町43

産業医と主治医Attending physician and the industrial physician

概要



産業医と主治医では、役割が大きく異なります。同じ医師という職業ですが、その役割が大きく異なりますので、例えばうつ病からの復職時の意見などが異なる場合がありますが、それは当然の結果として起こり得るものです。

主治医の先生は、患者さんを治すことが仕事であり、治療に関して大きな責任を負う立場となります。
この為、患者さんの治療の為に最善と思われることを常に行うのは当然のことです。この為、会社側の事情等は勘案されることはないでしょうし、患者さんの仕事の内容を詳しく理解されていない場合も当然あるかと思います。結果的に主治医の診断書に疑問を持たれる事業主さん(人事ご担当者)も現れてきます。

これに対して産業医は、会社全体の健康管理を行っていると言えます。この為、休職中の従業員が復職できるのか(従前の仕事ができるのか)の判断をおこなう上で、産業医の意見は必ず聞くべきでしょう。産業医は自社の業務内容も把握しているでしょうから、患者を治すことのみに注力する主治医に比べて、より広範囲に(業務内容を勘案して)判断ができると言えるでしょう。

このように主治医と産業医は、その役割がそもそも異なる存在であるということをきちんと理解した上で、各医師の判断を検討する必要があります。

主治医と産業医

少し極端な例ですが、従業員が会社に提出した主治医(心療内科)の診断書に、上司が言ったとされる暴言などが記載されており、会社の調査結果と大きく異るということがありました。診断書に具体的な発言内容が記載されていた場合は、会社としては困惑されることもあります。

このような場合は、産業医の受診を勧めて、会社として産業医の意見を確認するのが良いでしょう。また、会社が主治医に問合せても守秘義務の関係から詳細な情報を教えて頂けない場合がありますが、産業医の先生から主治医の先生に確認してもらうと医師間の医療情報の共有という形になり、色々な情報を得られることがあります。その上で、産業医の先生の判断を仰ぐという方法もあります。

復職の判断

上記を踏まえて、復職判断は誰が行うべきなのか、もし主治医と産業医の意見が別れたらどちらを採用すべきなのか、という問題があります。結局のところ復職判断は会社が行うということになります。即ち、会社が最終判断をして良い、ということになります。(下記参考文献参照)主治医、産業医双方の意見を十分に聞きつつ、本人の状態や会社の状況、事業内容(規模)、就業規則等を総合的に勘案しつつ、会社としての判断を出す必要があります。

職場復帰判断を行う上での(利害)関係者としては、休職中の従業員、主治医、産業医、人事担当者(人事部長)、所属長(部門長)、社長などがあります。この為、会社が最終判断を行うといっても、「誰が」というのが難しくなる場合があると思われます。そのような場合は、「人材委員会」を設置するのも一案となります。人材委員会では、関係者が集まり合議制で復職を検討するのが良いでしょう。

うつ病の治癒を考える

復職の判断をおこなう際には、「うつ病が治ったか」どうかとう疾病性に焦点をあてるのではなく、「仕事ができるのか」という機能性を評価して判断するのが良いと考えられます。

例えば、高血圧症の方も朝薬を飲めば健康な方と同じように仕事ができている例も多々あると思います。社内で高血圧症の方や糖尿病の方が普通に仕事をされている場合でも、その方に「まだ高血圧症が治っていないのか?まだ通院しているのか?」と聞くことはないでしょう。

これと同じように「うつ病」の場合も扱うと良いと思います。うつ病を含む精神疾患は完治が難しかったり、また完治まで時間がかかる場合も多くあります。
通院しながら、毎日薬を飲みながら通常通り仕事をこなせるのであれば、「仕事ができる」という機能面から復職を判断することが重要であろうと思います。このような考え方に沿えば、上記人材委員会などでも答えを出しやすくなります。


お問合せ

この記事は、少し難しい内容となっておりますので、ご質問などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
助成金、年金、パワハラなど各種セミナを定期的に開催しております。文章だけでは伝わり難い実務ノウハウを、ぜひ取得して下さい。

お問合せ
この記事に関するご質問、お問合せがありましたら、ご気軽にご連絡下さい。電話、メール、お問合せフォームのいずれでもOKです。
毎週土曜日
10:00〜12:00
無料労務相談
を実施しております。パワハラやセクハラ、問題社員への対応、賃金設計などの労働問題から年金や労災事故のご相談まで、各種お受けしております。

有給休暇を死傷病の病欠で使用するのは問題ありません。欠勤扱いにする会社があるかも知れませんが、有給休暇が残っていたら、有給休暇で取得するのが良いです。




スポンサードリンク





関連記事

メンタルヘルス
パワハラ
パワハラ上司

参考文献

心の健康問題により休職した労務者の職場復帰支援の手引き_改訂版 厚生労働省


バナースペース

加西事務所

〒675-2404
兵庫県加西市油谷町43

TEL 0790-45-1334
FAX 0790-45-1824

神戸事務所

〒651-0086 
神戸市中央区磯上通6-1-17
ウェンブレービル6階

サイト内検索

こちら